ライセンスビジネスとは?

What is "Merchandizing Licensing"?

普段、私たちが携帯している日用品には、大抵ブランドネームやキャラクターが入っています。

私たちは無意識に、また自然にキャラクターやブランドネームがついている商品を選択して購入し、携帯しているということがよくあります。

同じ素材や規格の製品であっても、キャラクターやブランドの付いているハンカチは、例えば同じ値段の何も付いていない製品と比べて、品質が良く見えたり、価値があるように思えたりするので選ばれ易いようです。これが『ブランド・ライセンス』効果です。

ブ ランドの知名度や高級感によっては、例え同じ素材であったとしても、標準より数段高い価格設定が可能になり、ブランドやキャラクター毎にアイテム数を増加 できる事もさることながら、時間や資本をかけずに商品にステータスや個性等の付加価値を与える事が可能になるのです。 これがライセンスの持つ『即効力』です。

また、同じキャラクターやブランドが様々な分野の商品に渡って販売されることで、トータル展開が実現し、異なる商品間でも自然な相乗効果が生まれます。

同様にブランドやキャラクター商品は、ユーザーに対する「目印」や「こだわり」となり、収集意欲を促す効果やリピート購買へとつながります。

故に生産者側にとっても、単なるマーク付けの企画というだけではなく、品質や素材、ブランドイメージの統一を徹底し、そのブランドの持つ「こだわり」を守る事でユーザーのハートを掴み、満足させる努力が必要とされます。

そこでマックス バズは、ブランドやキャラクターに始まる、多様なライセンス商品化に関わる、様々な業務をゼロからお手伝い致します。

権利元の割り出し、諸条件の交渉、ビジネスプラン、契約に関する諸々の業務など、商品化権利を獲得するまでは労力と時間がかかります。

権利を取得した後でも、デザインやサンプルの監修業務、国内又は海外の権利元(ライセンサー)との調整や日々のコミュニケーション、契約更新、商品アイテム の追加、各種レポートの作成、情報の提供など、毎日とまでいかないまでも様々な義務的作業を要します。商品化するメーカーにおいても、商品化権を保有する 版権元においても、ライセンス業務だけを担当する専門社員を雇用する事は大変な事です。

マックス バズは、そういったライセンスに関わる諸業務を代行している会社です。 更に分かり易く言えば、マックス バズのような『ライセンス・エージェント』は、版権元とメーカーをマッチメイクする、言わば結婚相談所みたいな会社と思って頂ければいいでしょう。

更に、マックス バズ自らが先見の目をもって、新しいライセンス・プロパティー(ブランドやキャラクターに代表される知的財産権)を発掘、選別し、継続的に各メーカー様にご紹介をさせて頂くことも可能です。

また、既存のブランドや商品の新しいコンセプトの発案、マーケティング戦略、商品の企画や各種デザインのサポートなども請け負います。

What is "Merchandizing Licensing"?

商品化権以外にも『ライセンス』は幅広く利用されています。

企業のセールスプロモーション用に有名なキャラクターを起用して、そのキャラクターの支持層にアピールするケースは、TVのコマーシャルなどで広く知られています。

最近では、パチンコ台、ノベルティ、TVゲーム、スマホアプリやモバイルコンテンツ、ゲーム・アーケード景品、出版物、ファストフード、レストラン、コンビニ、銀行のキャッシュカードetc…、あらゆる市場でさまざまなライセンスの成果を見受けます。

そもそも、ある特定の目的のために開発されたキャラクターが、そのキャラクターの知名度が上がり露出が増すと、”ライセンス用キャラクター”と進化し、多方面な商材へと発展します。

具体例をあげれば、ゲーム用のキャラクターとして開発されたポケモンのようなキャラクターが、アニメーションや映画となり、ぬいぐるみやキーホルダー、お弁当箱や文具、食品などの商品分野に幅広く2次使用され、ゲームの販路以外でも周知のキャラクターとなりました。

このように、商標やネーム、マーク、芸術作品、技術、音楽などの著作物は知的財産となり、一般に認知され始めると、直接関連のない多方面へとライセンス(使用許諾権利)を通して発展して行くのです。

Chances in licensing business

ご存知のように、コカコーラやペプシは飲料製造販売から、衣料、雑貨、時計等に至るまで、そのブランドネームを商品化させ、商標が持つ広域な浸透力をこれまで直接関連のなかった流通販路での物販を通じて実現し、成功させ、本業への相乗効果を挙げています。

コマーシャルや広告等は莫大な年間経費を捻出しなければならない販促活動ですが、商品化はその逆で、先行投資も少なく、逆に利益を得るという効果が期待できる手段なのです。

自社ブランドや販促キャラクターをライセンス商品化することにより、異分野への事業参入が容易になり、ひいてはその認知・浸透度を向上させ、利益の上昇をももたらすことが可能になるとマックス バズは考えます。

会社のシンボルとしての役割しか与えられていないブランド・ネームやキャラクター、デザイン等、休眠している 貴重なビジネスチャンスをライセンスで実現されてはどうでしょうか?

ライセンスのビジネスチャンスは、法人のみならず、個人の方も同様です。独自に考えたアートやキャラクター、その他のライセンス可能なアイデアにもビジネスチャンスがあるかもしれません。

以上のようなビジネス構想をお持ちであるなら、是非マックスバズまでご相談下さい。
企画や構想の具体化のお手伝いを致します。

ライセンス代行の全般的な業務に関わらず、デザイン承認の仲介や契約の交渉、海外との通信業務など業務の一部を代行する事も可能です。

社外秘厳守にて承ります。必要であれば「守秘義務契約」を先に取り交わすことが可能です。
お気軽にご相談下さい。

Researches

以下の様なケースのご相談に対応致します。
お気軽にご相談くださいませ。

国内外の版権プロパティーの権利者を探している。


個人で作成したアートや著作物、キャラクターやコンセプト等をライセンスビジネスに生かしたいがノウハウがない。

商品化のライセンス権利を取得したいが、版権元がどこなのか分からない。

版権プロパティーを保有しているが・・・
ライセンス料(ロイヤリティー、アドバンス、ミニマム)などの相場が分からない。

版権プロパティーを探しているが・・・
プロモーションタイアップ、新しい商品企画やコラボレーション、プレゼンの候補とする版権プロパティーを探している。

版権プロパティーの使用許諾を得たいが、交渉のノウハウがない。

興味のある海外プロパティーが既に日本で商品展開しているか、また商標が取得されているか確認して欲しい。

・・・などのニーズにお応えしています。

ビジネスやサービスの規模にかかわらず、格安料金で丁寧にゼロからアシストします。

リサーチから、交渉、契約までを代行する事も、その一部を代行する事も可能です。

アダルト関連、著作権を侵害しているサイト、宗教関連のサイト他、弊社のポリシーに反するプロパティーのご依頼はお引き受けできませんので、ご了承下さい。

まずはお問い合わせ下さい。

Experienced properties

弊社が経験豊富な版権ジャンルをご紹介いたします。

ファッションブランド

スポーツブランド

コーポレートブランド

アーティスト

オリジナル作品

キャラクター

アニメ・漫画

TV・映画

ゲーム・出版

ミュージシャン・バンド・クラブ・ライブ

その他についても、お気軽にお問い合わせください。